ノムちゃんの雑記帳

より楽しい生き方を模索するノムちゃんのお気楽雑記帳

心を語る漫画

残念ながら・・・

 

ども、ノムちゃんです(^o^)

ここのところ気温の高い日が続き、初夏らしくなってきましたね。

薄手のシャツ一枚でも、ちょっと動き回ると汗ばむくらいです。

先日、今年初の釣りをしに手賀沼の支流、手賀川に行って来ました。

田植えも終わり川の濁りもだいぶ取れてきて、そろそろいい頃かなと思ったものの・・・

3時間近く粘って、結局タイリクバラタナゴのメスが一匹とタモロコが数匹。

なんとも悔しい結果に終わりました。

タモロコは釣ってすぐリリース、バラタナゴもメスはお持ち帰りしないので、今回お魚の写真はナシです。


f:id:nomzakki:20190519200721j:image

手賀川の様子。

田んぼに水を引いてるせいか、秋に比べて水位が高いです。

今度は、夏の夕方にでも来てみようかな(*´з`)

 

心を語る本

 

もう15年も前になりますが、2004年の今頃、ノムちゃんかかりつけの医院に行った際、薬をもらいに向かいの薬局で順番待ちをしている時、一冊の漫画が目に止まった。

タイトルは 『ブッタとシッタカブッタ③ なぁんでもないよ

タイトルも面白いけど、イラストも可愛いらしくて早速読んでみることに(^^ゞ

 f:id:nomzakki:20180818210935j:plainブッタとシッタカブッタ③ なぁんでもないよ  小泉𠮷宏 著(新装版) メディアファクトリー

 

表紙を見ての通り、左のごく普通のブタ(シッタカブッタ)と、右のお釈迦様に似たブタ(ブッタ)の問答をメインに、たくさんのブタ達の考えたり、悩んだりする姿を見ることで、私たち人間のモノの見方や考え方、悩みや悲しみの原因、思い込みの仕組みなどを気づかせてくれる漫画です。

残念ながら、その時は薬の順番が来てしまったため少ししか読めなかったのですが、続きが気になってその日のうちに行きつけの本屋さんでまとめ買いしました。

③があるということは、当然①と②もあるわけですからね(^^♪

ザっと内容を紹介します。

基本は4コマ形式です。

主人公、シッタカブッタを中心に、様々なブタ達が怒ったり、悩んだり、悲しんだり・・・etc

それらに対してもう一人の主人公、ブッタのお説教(?)、作者による解説などを通じて、私達の人生に起こる様々な問題に対するヒントを楽しく教えてくれます。

要するに、私達の心にはクセというものがあって、このクセが人生における様々な物事に対する見方、感じ方に影響を与えているのだということ。

心の仕組みを理解することで、人生がもっと楽に感じられるようになる。

と大体こんな感じのことが書かれています。

まさにマンガといって侮れない、心を語る良書です。

ただ、一つだけアドバイスさせていただきますと、非常に読みやすく楽しいマンガですが、本質を理解し実践していくのはなかなか難しいかもしれません。

人間の心には厄介な側面があって、頭では理解したつもりになっていても、実際の生活の場において正しく実践するのは難しいことが往々にしてあります。

また、人間の感情というものも結構面倒臭いものですよね(-_-;)

ノムちゃん自身、この本のシリーズを何回も読み返していますが、人生における悩みが尽きることはありません。

それでもノムちゃんは、この『ブッタとシッタカブッタシリーズを愛読していくつもりですし、これからも多くの人に薦めていきたいと思います。

何と言っても可愛らしいイラストと読みやすい文章で、人間の本質というものをわかりやすく教えてくれる。

ノムちゃんにとって、人生の道しるべとも言える名著だと思うからです(^-^)

 

姉妹書の御案内

 

いかがでしょう?

ブッタとシッタカブッタシリーズ、興味を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

ちなみに、”ブッタとシッタカブッタ③ なぁんでもないよ” は第45回文藝春秋漫画賞の受賞作です。

新装版の刊行が2003年ともう16年も前なので、書店には置かれてないかもしれませんが、Amazonなどではまだ手に入りますので興味がある方はぜひ読んでみて下さいm(__)m

あと、このシリーズには姉妹書がいくつかありまして…。


f:id:nomzakki:20180819123433j:image

 その中の一冊がこれ『ブタのいどころです』

基本的な内容はブッタとシッタカブッタと同じですが、テーマを細かく決めて、それに関する4コマ漫画を4つずつ載せる形式になっています。

このシリーズも3種類刊行されていますので、併せて読まれることをおススメします。

他にもいくつか姉妹書が出ていますが、それはまたの機会にぜひ紹介させていただきたいと思います。

それでは、今日はこのへんで(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CSS